DAISO 100均のファイヤースターターの使い方

スポンサーリンク
スポンサーリンク

説明不足の説明書とイラスト

ダイソーのファイヤースターターの使い方です。
台紙の裏面に使い方が書いてあるのですが(写真無し)あれではわかりませんでした。。
表面のイラストも若干違う気がします。。

というわけで他の再度などは参考にせずに行き着いた火の付け方ですが参考になれば幸いです。

ツールの材質

左側の円柱がマグネシウム製で火花が出るものです。
右側の板が鉄製でマグネシウムを削るものになります。

購入時はマグネシウムの円柱は黒色にコーティングされています。(輸送時に発火しないため?)
使用時は鉄版で削ってから使いましょう。

コーティングを削るときは以下の様な持ち方で前後にゴリゴリと削ります。

火の付け方

以下の様な持ち方で根元の方から一気に手首を返して削ります。
この製品は薄い鉄板なので若干反ってくれるので火花が出しやすい気がします。
(他の製品を使ったことはないですが)
ただしこの持ち方をしないと難しいかもしれません。

動画をあげていますので参考にしてください。
初めはススキの開いた穂を置いてマグネシウムをガリガリと削って粉を落としています。
そしてそこに向けて火花を散らして着火!
とても燃えたので驚きました。。

まとめ

・100均ダイソーのファイヤースターターでもちゃんと火花が出ます。
・手首を返すフォームが重要です。(うちわを仰ぐイメージ)
・火の付きが悪いときは最初にガリガリと削って粉を落としておきましょう
・マグネシウムよりもフェロセリウムの方が火が付けやすいそうなので参考に貼っておきます。

タイトルとURLをコピーしました