防蟻処理DIY 下見の床下潜入!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

再防蟻処理の時期がきたようです

先日定期点検をしてもらったときにそろそろ防蟻処理の年数ですよ、と言われました。

ベタ基礎なので大丈夫かと思ってましたが入られてしまえばベタ基礎でも木材を食べてしまい、家の基礎がガタガタになるそうです。。

業者さんにしてもらうとかかる費用

狭い我が家でも12万ほどかかるとの事でした。
業者さんが施工した場合保証も付くようです。
※ただし保障MAX年数は建築から15年だったはず。。

まぁちょっとどんなものか床下を見てから決めようということで潜入開始です。

下見の準備

暗く狭い床下を這いずり回ることになるので必要なものを揃えます。
・ヘッドライト
・つなぎ
・軍手
・長靴
・スマホ(カメラ兼連絡用)

■ヘッドライト
安くて明るそうなので購入しました。
操作も簡単で十分な明るさでした。電池は買い換えたほうが良さそう。

■つなぎ
昔使っていたつなぎを使用します。丈夫な厚めの生地なので多少這いずり回っても破れなさそうです。でも今日は暑いからたくさん汗かきそう。。

■頭巾
実家の農作業をするときに使っていたものです。
頭の保護用とヘッドライト装着時のクッション代わりです。
得体のしれない場所に入るのであると安心です。

いよいよ床下潜入

緊張して入口の画像を撮るの忘れましたが、入ってすぐ右に曲がったところです。
右の壁の向こう側がキッチン、正面と左がリビングです。
リビング側へ進みます。

外は夏日ですが床下はヒンヤリと涼しいです。

リビングを突き進んでみました。
蟻道?! 雨漏り?!と一瞬不安になりましたがおそらく新築時の防蟻処理の薬剤が垂れた後だと思います。ヨカッタ。。

こういう風に基礎の上に木材がのせてあるんですね。
これらをシロアリが食べるんですね。。

下水の配管が見えます。白いのは電線?ガスかな?
潜っている時は興味がありませんでした。
なにせ初めての狭い空間。。汗のかき過ぎで足がつりそうになるわ、ほふく前進で使う筋肉が悲鳴を上げるわで必死だったので。。

和室の掘りごたつが見えます。
断熱材で覆われています。
薬剤を撒くときはあの向こうまで行かないといけないのか。。

短いですが動画も撮ったのでアップしています。

順路はリビング > 玄関 > トイレ > 和室の順でした。
キッチンは配管が多いので一番近い所から腕を伸ばして噴霧するしかなさそう。

なので薬剤を撒く本番作業では、一旦和室まで進んでおいてから
和室 > トイレ > 玄関 >リビング > キッチン > 入口まわり
の順番になります。

明るいところまで帰ってみればホコリや木くずだらけ。。
ネットで下調べしたときにくぎやネジ、木材が散乱してたというケースも見ていたのでまだうちはマシな方だったと思います。

防蟻はどうする?業者に依頼?DIY?

というわけで潜入が終りました。
ただ潜っただけでもなかなかの疲労感なので+防蟻作業となると12万を出すのもありかと思いました。

しかしながら自分でもできそうだと思ったのと、更にお家に愛着がわいたので自分でやりたいと思いました。費用もかなり抑えれそうですし。

結論としては、防蟻処理のDIYに向けて準備となります!!
この秋に作業予定として準備を進めます!


※5年ごとに12万となると、今後20年で48万です。。60代までなら潜れそう。
 その先はロボット作って代わりにしてもらいます。

まとめ

・シロアリ被害が無くて良かった。(数日前に業者さんもそういってましたが)
・床下は非常に狭くて怖い。体調を良いときに作業すること。
・本番作業までに揃えるものがいくつかある
・本番作業までに養生方法などを確認しておく

タイトルとURLをコピーしました