iPhoneSE第1世代のバッテリー交換をしてみる

スポンサーリンク
スポンサーリンク

症状

・充電してもすぐに空になる。
・充電がすぐに終わる。
・スマホ使用時の発熱温度が以前より高い。

これらの症状が出たため、新しいiPhoneを購入していました。
サブ機として使いたいなと思い立ち、費用もあまりかからなそうだったので挑戦してみることにしました!

バッテリーと交換キットを購入

届いたのはこんな箱でした。

内容物です。左から説明書、バッテリーに貼り付けるテープとテープの予備、ケースを開けるときに使う吸盤、こじ開け用のピック、替えのバッテリー、星形ドライバー、プラスドライバー、こじ開け用の差し込み棒、ピンセットです。

iPhoneSEを分解する

割と詳細に書かれている手順書。でも途中でわからなくなったので分解工房さんのサイトを参考にしながら作業しました。

今回の患者様です。無事に甦りますように!

星形ドライバーで下側についているネジを外します。
非常に小さいので焦らずにしっかりとネジ穴にドライバーの先が入った手ごたえを感じてから緩めていきましょう。
やみくもにグリグリ回すとネジ穴をなめてしまいます。

吸盤を画面下部にくっ付けてゆっくりと引っ張ります。
決して力任せに引っ張らないようにしてください。ボタンの配線がすぐ裏側にあるのでそれがちぎれてしまいます!

少し画面が浮いてきたら付属の差し込み棒を差し込みます。
画像の位置が差し込みやすいように少し凹んでいるのでお勧めです。

差し込む深さも浅くじわじわとやりましょう。

画面が空いた状態です。
くの時に折れて本体と画面をつないでいる配線が見えます。これがボタンの配線です。

配線のカバーを外して、コネクターも外したところです。

バッテリーの接続を外していきます。
まずはカバーのネジを外したところです。

差し込み棒でバッテリーのコネクタをこじって外します。

次は画面と本体をつないでいるコネクターを外します。
まずはカバーを外します。

カバーを外したところ。

3つのコネクターがあるので差し込み棒やピンセットを使って外していきます。

画面と本体に分かれました。
これでバッテリーが外しやすくなりました。

バッテリーの下には、長い方向に2本のテープが貼ってあってそれで本体と接着するようになっています。

バッテリー交換時にはそのテープを取りやすくするためにテープを引っ張る「取っ手」のようなものがありますのでそれを引き出します。

引き出せたら一本ずつ引っ張る為に真ん中で切ります。

そして裏側からドライヤーで熱してテープを柔らかくします。
※熱し過ぎはバッテリーの爆発を誘発するので手で持てる温度が目安との事!

そしてゆっくりと下方向にテープを引っ張っていきます。

!!
テープが切れてしまいました!!!しかも2本とも!

根元からちぎれているのでテープは100%残っているようです。。
どうしよ。。

なんと分解工房さんのサイトではテープがちぎれた場合の対処法も掲載されていました!

早速参考に。その方法とは。。

バッテリーをこじる!
バッテリーが変形するので恐る恐るやります。
気を付けること。
・画像では車の内張りはがしにセロテープを巻いて使用しています
・バッテリーを変更させすぎない(発火の恐れあり)
・画像のようにケース側から行う
・音量のプラスマイナス部分はしない(配線切断の恐れあり)
・ケースが変形しないように力の入れすぎ注意

少しずつ、裏から熱しながらでやっと取れました。
ガッチリ張り付いていますね!切れるはずです!

残っているテープをはがします。
ドライヤーを当てながらだと柔らかくなり取りやすいのがわかります。

組付け

ここから折り返しです。
新しいテープをバッテリーに貼ります。

バッテーリーを本体にくっ付けたら、画面のコネクタ3つを接続します。

指で押してるのは2つ目のコネクタです。

3つとも繋げたらカバーをネジ止めします。

次にバッテリーのコネクタもつなげます。
指でやさしくしっかりと。

バッテリーコネクタのカバーをネジ止めします。
差し込み棒をつっかえ棒に利用しています。

ボタンのコネクタを接続します。
指で押さえにくいのでまずはピンセットで押さえています。

出番のなかったピックもつっかえ棒として活躍しています。
配線の長さ的にジャストサイズです。

カバーも取り付けました。

画面をはめ込みます。

画面パネルの左側が少し窪んでいるのがわかるでしょうか。
開くときは初めにここに差し込み棒を入れていたわけです。

画面をはめ込むときは上部から合わせていきます。
ひっかけ部分があるのでそこに合わせます。

あとは順に真ん中、下部と指で押し込んでいきます。

最後に下部の星形ネジをとめて完成!!

電源を入れて確認してみます!

無事に画面が映りました!良かった良かった!
大成功です。

まとめ

・必要な工具が揃っているパックはとても便利。
 プラスチックの差し込み棒やピンセットは何かと使えそう。
・ネジはどれも小さいので外した順番に並べておく。
・想定外の事態が起こっても焦って力任せにしない。
・バッテリーは発火の恐れがあるので最大限の注意を払う
・iPhoneSE第一世代を復活させた訳だけど用途が思いつかない

タイトルとURLをコピーしました